今年も出展 アールブリュットin八重山

2016-05-13

スクリーンショット 2016-05-13 12.58.58

 

2013年、2015年に引き続き、今年も治樹さんのフリーハンド作品が

アートキャンプ八重山展にて展示されました。

 

「アートキャンプ」とは、独自の表現世界を持つ障がい者の表現活動を

支援することを目的にした展示会のことで、

2001年よりコツコツと継続されてきました。

(2001年展には、なんと、弊社、喜和画伯の作品も!)

 

IMG_8803  (右:喜和画伯)

 

 

 

IMG_8805 (画伯が大好きなのは海の生き物)

 

 

アートキャンプでこれまで展示された作品の中には

県外、国外から注目されるものも数多くあり

フランス、イギリス、スイスでの展示会にも招待を受けてこられた作家さんも。

 

 

昨年は初の離島開催で宮古島で。

今年も引き続き、離島、石垣島での開催となり

15年の架設を経て、これまで以上に幅広い地域、人々の感性に触れられる

機会となったのではないかと思います。

 

IMG_7531

 

遠方での開催ということで、治樹さんの会場入りは断念されたのですが

主催者の方より図録をプレゼントしていただきました。

 

来年は3年ぶりに本島での開催が叶うかもしれません。

その時はまた、作家としてお招きいただけると嬉しいです。

 

 

「アール・ブリュット」とは:「加工されていない生(なま/き)の芸術」。

フランスの美術家ジャン・デュビュッフェが提唱してもの。

美術の専門的な教育を受けていない人が

伝統や流行に左右されずに

自身の内面から湧き上がる衝動のまま表現した芸術のことを指しています。

 

3人集まれば…

2016-05-06

IMG_7455

 

 

「3人寄れば文殊の知恵」ならぬ、4名集まって「パステルカラーズ」。

 

配送メンバーが3名以上並べば、視界がパッと明るくなります。

 

彼らの性格が明るく前向きで  ”今を生きる” ライフスタイルだから

というだけではなく、それは彼らがビビッドな色が好きだからでもあります。

 

なんの打ち合わせもなくして5レンジャー部隊になることも

そう珍しくはありません…

 

IMG_8972

 

たまに色がかぶることも。

(手前:冨山裕之さん、後方:知念浩之さん/名前も同じ  ”ヒロユキ” )

お出迎え

2016-04-27

IMG_8956

 

先日、はるばる海外からもお客様が!

 

歓迎と感謝の気持ちをお伝えしたく

配送メンバーが久しぶりに筆、ではなく、クレヨンを握りました。

 

配送メンバーの色づかいは明るく、時に斬新で元気をもらいます。

 

 

IMG_7428

 

メッセージを渡す直前、袖でスタンバイする浩之さん

 

IMG_7429

 

ワクワクドキドキ…!

 

 

海外はシンガポールからのご来社でしたので

東南アジア各国との交易でつながりがあった琉球王朝時代を思い起こし

”万国津梁”をテーマに島々とのつながりで歓迎を表現しようと

エレベーター横にはこれまでにない幅をとっての掲示でお出迎え

のつもりでしたが…

 

IMG_7417IMG_7420

 

それぞれの島のデザインを一人ひとり意気込んでおりましたが…

 

ご来社のお客様の目に止まることはなく

島々への想いもむなしく砕け散りました。(良い教訓となりました)

 

IMG_7421

 

 

足を運んでくださるお客様の気持ちに

想いを馳せることを怠らず、今後の歓迎に活かしていきます。

Copyright© 2016 沖縄教育出版 All Rights Reserved.