「ヘタクソな人を馬鹿にするな。人は誰でも最初はヘタクソだった」

2017-04-05

自分で言うのもなんですが、私は絵を描くのが得意な方です。
でも、見た事ないものや名前は知っていても思い出しながら描くとなると
とたんにあやふやであやしい絵になります。
なので、絵の達人ではないと思います。

 

『心の絆新聞』の左上に、配送メンバーの描いた絵が毎回載っています。
ユニークな絵です。リアルではないけれど、あたたかい感じのある線で描かれ
毎回見る度に癒されています。

 


(↑ 旧暦の3月3日「浜下りの日」に生まれた珍名画 … by 配送スタッフ知念浩之 )

 
 
想像の斜め上をいく絵が出てきて思わず『フフッ』と笑って和んだり、
時には『おっ、コレは!』と感心する絵が出てきたりします。

 

絵が上手くないとか、小さい子どもが描いた絵みたいで恥ずかしいとか
あると思いますが、最初は誰でもヘタクソです。
私も小さい頃から上手かったわけではありません。
描き続けてきたから、今の私の絵があります。

 

また、入社した頃はキーボートを見ながら
両手の親指と人差し指の2本ずつで打っていました。
デザイン制作で文章を打つことも増え少しでも早く打てるようにと自分で練習し
今ではまっすぐ画面を見ながら手元を見ないで両手で打てるようになっています。

 

——-( 入社13年目 上原 孝美の『会社の教養』 )

 
 

4月に入り、たくさんの場所でフレッシュな風が吹いているのを感じられる季節ですね。
私たちも初心に戻り、新たなスタートをきっています。
 
”人の成長を応援することが、成功への近道!”
新社会人の若い方々の成長を、みんなで応援していきましょう!

Copyright© 2016 沖縄教育出版 All Rights Reserved.